noteエンジニアのサーバーサイド記事まとめ

note社エンジニアのサーバーサイドに関わる技術記事をまとめた公式マガジンです。さらに技術記事を読みたい方はこちら→ https://engineerteam.note.jp/

すべて見る

note株式会社に入社しました【サーバーサイドエンジニア】

はじめまして。nishiokaです。 2022年12月にnote株式会社にサーバーサイドエンジニアとして入社しました。 noteというサービスはもちろん存じ上げていましたが投稿したことはなく、プラットフォームを提供する立場としてサービスそのものやアウトプットするということをより理解するためにも、まずはいわゆる入社エントリを書かせていただきます! 緊張のあまり震えながらキーボードを叩いているので、多少の誤字があっても許してくださお。 自己紹介プロフィール 名前 nish

スキ
20

スプラトゥーン3のwipeout動画を集めて表示するサービスを作った

はじめにこんにちは。noteのエンジニアのsacckeyです。 この記事はnote株式会社 Advent Calendar 2022の19日目の記事です。 スプラトゥーン3、やってますか? 私は2022年9月9日の発売日から今日まで寝る間も惜しんでやっています。 先日スプラトゥーン3の動画付きTweetを集めて表示するサービスを公開したので、そのサービス内容と実装について紹介します。 つくったもの スプラトゥーン3をやっている人向けのサービスの紹介ですが、サービス自体

スキ
35

LeetCodeで頭の体操とコンピュータサイエンスのお勉強

この記事は note株式会社 Advent Calendar 2022 の 15 日目の記事です。 LeetCode はプログラミング問題の対策サイトだというのが専らの紹介文だと思うんだけど、別にそれだけに限定した使い方じゃなくても十分楽しいサービスだよ、という話をしたい。 LeetCodeとは改めて LeetCode とはなにかを説明すると、ソフトウェアエンジニアの就職面接でよく出題されるプログラミングの問題を集めた Web サイトである。このサイトで多くの模擬問題を解

スキ
29

note の Rails アップグレード戦略(5.2 から 6.1)

この記事は note株式会社 Advent Calendar 2022 の 13 日目の記事です。 note の Architecture チームでパフォーマンス改善やミドルウェア・ライブラリのアップグレード対応をしている tic40 です。今回、同チームの toda と Ruby on Rails (以下 Rails)のアップグレードを実施しました。 note は 2022 年 4 月時点ではバージョン 5.2 系を利用しており、そこから複数回のアップグレード作業を行う

スキ
36

noteエンジニアチーム 公式マガジン

noteエンジニアの技術記事をまとめたマガジン。さらに技術記事を読みたい方はこちら→ https://engineerteam.note.jp/

すべて見る
  • 227本

note株式会社に入社しました【サーバーサイドエンジニア】

はじめまして。nishiokaです。 2022年12月にnote株式会社にサーバーサイドエンジニアとして入社しました。 noteというサービスはもちろん存じ上げていましたが投稿したことはなく、プラットフォームを提供する立場としてサービスそのものやアウトプットするということをより理解するためにも、まずはいわゆる入社エントリを書かせていただきます! 緊張のあまり震えながらキーボードを叩いているので、多少の誤字があっても許してくださお。 自己紹介プロフィール 名前 nish

スキ
20

ダークモードのテストをmiroでビジュアル化したら"こうかばつぐん"だった

こんにちは、kubopです。 2022年11月に、noteではAndroid端末でダークモード対応をしました。 Androidダークモード対応に際し、QAチームとAndroidチームが協力してQA会(お触り会)を行いました。 ビジュアルを対象にしたテストでは、文章や表では表現が難しいなと感じていたため、今回はmiroを使ってビジュアルリグレッションテストを行いました。 実際に取り組んでみると単純比較で気が付かない不具合が発見できたり、デザイナーもQAに参加しやすくなったり

スキ
21

3社が機械学習を活かす方法を語る!MLエンジニア向けオフラインイベントを開催(懇親会あり)

2月3日(金)19時より、note / コネヒト / Wantendlyが合同で『MLエンジニアが語る、プロダクトを成長させる技術と組織』を開催します。 ▼応募はこちら 今回はオフラインイベントのみで実施をし、懇親会も予定しております。MLエンジニアやMLに関わるPM / PdM、MLプロダクトに興味があるエンジニアなど、様々な方たちとお会いできるのを楽しみにしております。 イベント概要 ●応募ページ:https://pieceofcake.connpass.com/e

スキ
7

noteのエディタを新バージョンに完全移行しました

noteで創作を行うための根幹であるエディタ機能が、完全移行しました。 もともとテストで利用していただいていましたが、昨年のリリースですべてのクリエイターが新エディタを利用する状態になりました。 実はnoteのエディタは今回が4度目のリプレイスになります。旧バージョンと新バージョンは次のような開発環境の違いがあります。 旧エディタ MediumEditorをベースに開発 リポジトリを切り離してライブラリとして開発 新エディタ ProseMirrorをベースに開発

スキ
18

noteのみんな

noteで働く仲間の、お仕事noteや社員インタビュー、イベントレポをまとめるマガジンです。

すべて見る
  • 594本

note株式会社に入社しました【サーバーサイドエンジニア】

はじめまして。nishiokaです。 2022年12月にnote株式会社にサーバーサイドエンジニアとして入社しました。 noteというサービスはもちろん存じ上げていましたが投稿したことはなく、プラットフォームを提供する立場としてサービスそのものやアウトプットするということをより理解するためにも、まずはいわゆる入社エントリを書かせていただきます! 緊張のあまり震えながらキーボードを叩いているので、多少の誤字があっても許してくださお。 自己紹介プロフィール 名前 nish

スキ
20

2022振り返り〜実は東証に行くことに特別な思いがあった村岡〜

本年もよろしくお願い申し上げます。 ということで年明けちゃいましたが、昨年を振り返りたいと思います。 とはいえ、大きくは2つぐらいしかないのですが。 新居が完成。大宮にお引越しここで色々まとめており、かつ家が完成したあとに完全に更新が滞ってしまってるのですが(更新はしていく予定です、、) 6月に新居が完成し大宮に引っ越しました。 10年住んだ高円寺から離れることは、辛いところもありましたが、いまのところ大宮なんでもあってとても良いです。 あと、このnoteは半袖、短パ

スキ
37

上場準備を終えて-現場責任者から見た上場準備-

0 上場2022年12月21日、note株式会社は東京証券取引所グロース市場に上場しました。 準備にかかわりはじめた頃に宿った双子は2歳半になりました。 ここに至るまでは本当にいろいろなことがありました。 1 上場準備チーム上場準備は、上記のフローに沿って進みますが、私は、予備調査後、内部体制の整備から関わり始めました。 もともと法律事務所で弁護士をしており、note社には1人目の法務として、業務委託で関わり始めましたが、その後、上場準備にも関わるようになりました。現在

スキ
112

2022年を振り返って自分を全力で褒める

友人が企画した「褒め会」がとても良かった。大人になると褒められる機会がなくなる。それだったらお互いを褒め合おうじゃないか、ということで、頑張ったことを発表し合う会を開催。年末に行うことで、1年の振り返りにもなる。良い気分になったついでに、今年1年を記録に残しておこう。 20年の仕事人生で一番満足いく1年だったnote社の法人向けサービスnote proの事業責任者になって、20人近くのメンバーを率いることに。最初は不安もあったけど、メンバー、上司、会社と仕事に恵まれて、事業

スキ
30

noteエンジニアのQA/テスト記事まとめ

note社エンジニアのQA/テストに関わる技術記事をまとめた公式マガジンです。公式サイトはこちら→https://engineerteam.note.jp/

すべて見る
  • 34本

ダークモードのテストをmiroでビジュアル化したら"こうかばつぐん"だった

こんにちは、kubopです。 2022年11月に、noteではAndroid端末でダークモード対応をしました。 Androidダークモード対応に際し、QAチームとAndroidチームが協力してQA会(お触り会)を行いました。 ビジュアルを対象にしたテストでは、文章や表では表現が難しいなと感じていたため、今回はmiroを使ってビジュアルリグレッションテストを行いました。 実際に取り組んでみると単純比較で気が付かない不具合が発見できたり、デザイナーもQAに参加しやすくなったり

スキ
21

サーバサイドエンジニアから見た品質(Quality)の世界

※全文無料です こんにちは、kubopです。 もう2022年の年末、今年は奥深い品質の世界を垣間見ることができた1年でした。 2022年はサーバサイドエンジニアとしてリファクタリングをしたり、QAエンジニアとして品質についてガッツリ考える機会がありました。 私は新卒からずっとサーバサイドエンジニアとして働いていて、細かな不具合の修正から、機能追加、リファクタリングなどいろいろな経験をさせていただきました。Java・PHP・Rubyを主に利用していました。 まだまだサーバ

スキ
24
有料
100

QAエンジニアとモバイルアプリチームのバックエンドエンジニアというトリッキーな二足のわらじを履いた半年間の思い出

皆様、こんにちは! 佐久間まゆちゃん兼北条加蓮ちゃんのプロデューサーのhiroki_tanakaです。 この記事はnote株式会社 Advent Calendar 2022の22日目の記事です。 (ふと気づいたのですが、私事ですが今年入籍し結婚記念日が2022年2月22日なので、2という数字に縁がある一年ですね!) 昨日はnote社のエジソンこといえもんさんの『IoT鐘』という記事でしたね 昨日無事上場することができたnote社にピッタリな記事でしたね。何より鐘を自作でき

スキ
18

6ヶ月間、わたしがQAエンジニアをして悩んだこと

▼ 前回の記事 こんにちは、kubopです。note株式会社 Advent Calendar 2022の6日目を担当させてもらっています。 6日目というと… そう、QAが組織化して早いもので約6ヶ月が経過しました。 今回は、当時思っていたこと、それに対しやってきたことを中心に書いていこうと思います。6ヶ月とはいえ、信じられないくらい濃密な時間を過ごしました…。 私が当時悩んでいた事QA組織がそもそも無かった。全てが0ベース。 「品質文化?何それ美味しいの?」 私自身

スキ
41

noteエンジニアのEM マガジン

note社エンジニアのEMに関わるnoteをまとめた公式マガジンです。公式サイトはこちら→https://engineerteam.note.jp/

すべて見る
  • 9本

もしエンジニアのあなたが採用業務を任されたら

前職からエンジニアリング・マネージャー(EM)を名乗り始め、かれこれ5年程経ちました。EMとしての多くの時間をエンジニア採用に費やしてきました。 昨今では久松先生の著書「ITエンジニア採用とマネジメントのすべて」が記憶に新しいところではありますが、「エンジニア 採用」などでググれば、関連する情報が大量に出てくる時代です。それくらいにエンジニア採用市場は過熱しています。 このような状況下で、エンジニア採用業務にエンジニアが関わってくることも、いまや珍しいことではなくなってきまし

スキ
43

EM歴1年でやってよかった取り組みNo.1「よもやま行脚」の紹介

こんにちは。noteでエンジニアリングマネージャー(EM)をしている福井です。 EM専任になってからちょうど1年くらいになりますが、この1年でやって良かった取り組みってなんだろうなと振り返ったときに圧倒的に自信を持ってコレだと言える「よもやま行脚」を紹介します。 1. よもやま行脚とは決まったアジェンダは無し、業務に関する話で無くてもOKのていで、一対一の対話を全エンジニアと月次で実施します。ん?それ1on1と何が違うの?と思った方もいらっしゃると思いますが、一般的には1

スキ
43
有料
100

新天地におけるEMとしての再現性と成果

本記事はEngineering Manager Advent Calendar 2022 の16日目です。EMアドカレに参加するのは2年連続となります。 2022年7月よりnote株式会社にEMとして入社しています。前職は株式会社リブセンスにてEMをしていました。前回のEMアドカレはリブセンスのEMとして書いています。 この記事では、EMとして入社したnoteで私が半年で何が出来たかを振り返ることで、昨年考えたエンジニアリングマネジメント業務の再現性が自分にあったかどうか

スキ
26

noteの事業を加速させるために年間12万のテック補助をつくりました

本日、note社の福利厚生の新パッケージを発表しました このパッケージの中でテックチャレンジ補助というテック領域の自己研鑽を支援する新しい枠組みを用意しました 今回はなぜこの制度を始めたのか説明し、どう使っていただくとよさそうかイメージを膨らませてほしいと思っています 企画した背景noteは開始以来、内製でソフトウェアを開発・運用しています。これは、知見を社内に蓄積して細部の体験にこだわったプロダクトを提供し、かつ、社員の自律性をベースに変化にも素早く対応できる体制を組

スキ
107