マガジンのカバー画像

noteエンジニアチーム 公式マガジン

195
noteのエンジニアたちがつづったnote、noteのエンジニアが登壇したイベントや勉強会の様子をご紹介します。エンジニアも大募集中です! https://open.talent もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

ゲーム・VR業界からnote株式会社に転職しました

2022年7月にnote株式会社に入社しました! 子供のころからゲーム屋さんを夢に掲げていたエンジニアが、ゲーム・VR業界を辞めて転職した理由とは・・・ 忙しい方は最後のまとめだけ読んでください。 ゆっくりしていってね!!! 私の経歴/趣味情報系大学卒業、26歳男性、独身オタクです。 2018年4月 株式会社Cygamesに新卒入社 ゲーム業界に絞り就活し、株式会社Cygamesに入社しました。 研修後にインフラ配属となり、AWSを中心に携わらせていただきました。 社

スキ
29

SendGridの導入事例インタビューが公開されました

SendGridの導入事例として、公式ホームページにインタビューが掲載されました。記事内ではSendGridの導入経緯や利点などを語っております。 noteでの利用用途は? なぜ導入したのか? 具体的な活用術や運用方法は? SendGridを導入検討していたり、運用方法に悩んだりしている方はぜひご覧いただければと思います。 ▼ noteの技術記事がさらに読みたい方はこちら

スキ
4

情報処理安全確保支援士になった

サムネはリスです。RISS(Registered Information Security Specialist)です。 なりました。 IPAのサイトにも載ってます。 今年の4月に実施された試験を受験、2ヶ月後の6月に合格発表、そこから登録受付期間を経て今日10月1日無事に情報処理安全確保支援士になりました。長い。長いので以下支援士と書きます。 (補足: 試験に合格した段階では支援士になる権利だけを持っている状態なので、登録申請をしないと支援士を名乗ることはできません

スキ
9

データ基盤にSnowflakeを導入して分析を爆速をした話

初めて技術記事を書きます。noteでデータエンジニアをやっています、久保田です。 noteにはデータ基盤が存在しており、記事の閲覧やユーザーの行動など、さまざまなデータをログとして保存しています。 そんなデータ基盤に2022年4月、Snowflakeを導入しました。 Snowflake:データウェアハウジングやデータレイク、データエンジニアリング、データサイエンス、データアプリケーションの開発などを行うことができるフルマネージド型のサービス 今回はなぜSnowflak

スキ
51

約3ヶ月間、品質文化醸成のために"QAクイズ"を出題し続けてみた

こんにちは、kubopです。 noteのQAは、毎週お休み以外は週報を発行しています。 注目issueやホットなニュース、QAチームの雑記を書いて開発チームと関わりを持とうとしています。 その中で、必ずQAに関するクイズを出しています。 しばらくクイズを出し続けていたので、そのまとめを書きます。 毎回うんうんと悩みながら、どんな話題に興味をもってくれるかな?を考えて作っています。 毎週「考えるの辛すぎる・・・」と思っていましたが、振り返ってみるとつづけてよかったなと思います

スキ
15

Xcode Cloud から MagicPod を動かしてみたよ

おはようございます。 note の watura です。 前回に引き続き Xcode Cloud です。前回の記事で、サブスクリプションができないから使えないと書いたのですが、無事にサブスクリプションできるようになったので、本格的に使いはじめました。 MagicPodnote の iOS アプリはテストの一環として、MagicPod を使っています。 MagicPod どうなの??っていうのは以下の記事をみてください。 今までは、Circle CI からバイナリをアッ

スキ
12

note社のデータベースのドキュメントを自動生成する仕組みをつくってみた

どうもnote株式会社のSREのみーにです! 私の素性を知らない方は先に自己紹介ページや入社エントリなどを参照ください… :pray: 最初に結論(作ったもの)SchemaSpyをGithub Actionsから定期実行できるworkflowを作成しました! 指定したデータベースのドキュメントを日次で自動生成&更新することができる仕組みです。 以下リポジトリからどなたでも利用できます! この記事では、noteでSchemaSpyをGithub Actionsから定期実行で

スキ
16

Kaggleソロ参加だった自分に伝えたい、チームで挑むとよい5つの理由

2022/2よりKaggleを再開し、このたび Kaggle Competitions Expert となることができました 🙌 「H&M Personalized Fashion Recommendations」「American Express - Default Prediction」という2つのコンペティションで銅メダル(上位10%の成績)を獲得してExpertとなれたのですが、両コンペとも社内メンバーと「チーム」を組んで獲得できたものです。 本noteでは、ソロ

スキ
15

実例マッピングとお触り会

こんにちは、kubopです。 先日実例マッピングをiOSチームと行い、それを使ってテストケースを作成してみんなでお触り会をしました。 実例マッピング会を開催する実例マッピングとは 実例マッピングでは、具体的なユーザーストーリーを作成する事が出来ます。 実例を一つ一つ明らかにすることで、ユーザーにとっての問題点を検討することが出来、新機能を構築するための許容条件の判断(=受け入れ条件)に役立ちます。 イメージとしては 「投稿機能が欲しいな〜」というストーリーに対して 「例

スキ
6

Snowflakeのイベントにnoteエンジニア・久保田勇喜が登壇

Snowflake社が開催するデータクラウドの世界を学ぶイベント「DATA CLOUD WORLD TOUR」に、noteのデータ基盤チームリーダーの久保田が登壇します。 noteのデータ基盤は大幅なリプレイスを行い、データウェアハウスとしてSnowflakeを導入しました。導入した効果は大きく、ログ収集や集計の速度が大幅に上がり、そのおかげもありデータ分析をする社員も増加しました。 今回の登壇では、noteにSnowflakeを導入した成果について詳しくお話します。

スキ
7

Astroに入門してみる

こんにちは noteのフロントエンドエンジニアのiemongです。 最近はメンバーシップの開発等をやっています。 同僚の天才から、なんか技術記事書いて🙏とお願いされたので、最近気になってるAstroってフレームワークについて書こうと思います。 実際に触ってみて、簡単にページを作るところまでやってみました。 Astroとはとあるように、オールインワンなWebフレームワークです。公式によると、Javascriptで開発できる MPAフレームワークという位置付けらしいですが、

スキ
28

RubyKaigiの復習 LSP

先日久しぶりに RubyKaigi に参加してきました。やっぱりオフラインはいいですね。noteはブースを出させてもらったので社外の方ともたくさん交流でき楽しかったです。 イベント参加レポートを書くのは苦手なので..理解できなかったものや、詳しく知らなかったものを復習して記事にしていこうと思います。 とりあえず第一弾は LSP について。 Matz のキーノート で Solargraph が、Shopify さんの syntax tree の発表で ruby-lsp が触

スキ
8

エンジニア採用に力を入れるため、7つの福利厚生を追加しました

noteは未完成なサービスです。開発すべき機能や取り組むべき課題がまだまだあり、目指すべき理想まで10%も進んでいません。 上記に記載されている課題はほんの一部にすぎません。氷山の一角です。 noteの事業をさらにグロースさせていくためにも、エンジニア採用にさらなる力を入れていかなければなりません。 そして、それらを実現するためには「エンジニア採用に本気である」ということを、会社として示していくことが必要だと考えています。 そこでnoteではさらに社員が働きやすい環境

スキ
19

(僕の)iOSDC Japan 2022を終わらせる記事 #iosdc

今年もiOSDC Japanが終わりました!いや、正確にはクロージングはされたけど #iwillblog するまでは終われないのでこの記事にて一旦終わらせます。 (いや、、書かなければ祭りは続くのか?そんな葛藤と戦っています) iOSDC Japanには初回の2016年から参加して、2017年からは毎年登壇(6年連続)しています。もう資料を探して貼るのも面倒だし、発表内容も時代に合わなかったりするので、興味のある人は探してみてください。 去年のはまだまだ役に立つと思うのでそち

スキ
34