マガジンのカバー画像

noteエンジニアのデータ基盤 マガジン

14
note社エンジニアのデータ基盤に関わる技術記事をまとめた公式マガジンです。さらに技術記事を読みたい方はこちら→ https://engineerteam.note.jp/
運営しているクリエイター

記事一覧

データ基盤にSnowflakeを導入して分析を爆速にした話

初めて技術記事を書きます。noteでデータエンジニアをやっています、久保田です。 noteにはデ…

littlekbt
2か月前

Snowflakeのイベントにnoteエンジニア・久保田勇喜が登壇

Snowflake社が開催するデータクラウドの世界を学ぶイベント「DATA CLOUD WORLD TOUR」に、note…

RでKaggleをやってたらいつのまにかNotebooks Expertになって…

noteのデータエンジニアのigjitです。 私はRが好きで、RでJava VMを実装したりして遊んでいま…

igjit
4か月前

エンジニアが3年の執筆を終えてわかった出版の苦労とクリエイターの視点

発信やアウトプットを続ける中で、「本の出版」は一つのゴールでもあります。エンジニアやクリ…

誰もが使えるデータ基盤とは?noteをデータドリブンな企業にするためのアーキテクチャ…

『施策の指針』や『KPIの数値』を決めるためには、データ分析は必要不可欠です。データという…

Kaggleコンペの評価指標のRパッケージを作る

KaggleのAmexコンペに参加することにしました。 まずは評価指標の確認から。 この評価指標を…

igjit
5か月前

Rが生産性を高める「はじめに」全文公開

atusyさん、hanaoriさんとの共著、Rが生産性を高める〜データ分析ワークフロー効率化の実践 が本日、2022年1月26日に発売となりました。データ分析に関係する作業をRを使って効率化する本です。 本のそでに書かれた「はじめに」からの引用をtweetしたところ、多くの方の興味を引いたようです。 それもあって本書の「はじめに」を全文公開することにしました。 「はじめに」の執筆は私が担当しました。ちょうどこの章を書いている頃にロボット掃除機(ルンバ)を買って、その便利

🎧InfluxDBとGrafanaでリアルタイムにログを可視化できるツールを作ってわかった時系…

noteのエンジニアがお届けするPodcast「note tech talk」の第8回目は、InfluxDBとGrafanaを利…

懐の深い安定感 ~データ基盤チームを支える頼りになるリーダー~

noteのオープン社内報「#バリューバトン」が回ってきました。バトンなんてmixiのころくらいま…

masaru3n
1年前

noteのデータ基盤チームとは?4つの開発軸とアーキテクチャを紹介

============================== ■データ基盤チームとは PVやアクセスログなどのデータを活用…

「サーバーレスで始める ゆるふわデータ基盤 - noteの事例 -」というタイトルで登壇し…

2020/09/12 JAWS SONIC 2020 & MIDNIGHT JAWS 2020にて 「サーバーレスで始めるゆるふわデータ…

文系社会人が統計のために1から高校数学をやりなおしました

こういう人間です・ 文系(英文学科) ・ Webエンジニア ・ 統計を勉強中 モチベーションここ…

hanaori
2年前

R|階層線形モデルで渋谷区の賃貸価格を予想する

以前の重回帰による賃貸価格の予測では、『最寄り駅ごとに賃貸価格の母集団分布(例えば各説明…

hanaori
3年前

アラサーエンジニア シティボーイ化計画  - 都会のお得物件を統計的に探してみる -

はじまりこの note を運営しているピースオブケイク社でエンジニアをしている hanaori です。少し前から統計学を勉強中でして、現実世界に当てはめて試せそうな題材を探している毎日を過ごしています。 そんな折、「弊社CTOが引っ越しを検討している」という話を聞き、 CTOの引越し先としてコスパの良い物件を、統計を使って探し出しだす のはどうかとひらめいてしまいました 😆 そこで、重回帰分析を用いてコスパに優れる物件を洗い出していきたいと思います。 今回探す物件の条