note engineers’ notes

143

RuboCopの頻出Cop4選

こんにちは。 noteのエンジニア兼北条加蓮ちゃんのプロデューサーの@hiroki_tanakaです。毎日行っているnote連続投稿の記録が100日を突破して嬉しい限りです。 はじめに 私は日頃、noteのRailsリポジトリにおいてRuboCopのCopを潰しこむ対応を行っているのですが、その中で頻出するRuboCopのCop4選について書いていきます。 ↓日々行っている対応に関してはこちらを参照ください。 Layout/EmptyLines 日々のRuboCop運用を

スキ
13

『Rubyのしくみ 第3章 Ruby はどのようにコードを実行するか』に関するメモ

『Rubyのしくみ 第2章 コンパイル』に関するメモ の続きです。ここでは、YARV が内部スタックに加えて Ruby のコールスタックも同時に把握する二重スタックマシンだ、というところの意味とそこから発展して変数へのアクセスはどのように行われているのかを説明している章です。 ここから新出単語が激増して読むスピードが遅くなっていきますが、ググって分かる程度にまとめていきます。 スタックマシンとはなにかこの章の冒頭で、 この後ですぐ説明するが、 YARV は途中の値や引数

スキ
5

『Rubyもくもく勉強会@ピースオブケイク2020年2月4日(火)』運営レポート

2020年2月4日(火)に株式会社ピースオブケイクとして初の試みとなるもくもく勉強会を開催しました。 探り探りで準備しつつゆるく運営してみた当日の様子を振り返っていきたいと思います。 そもそもなぜ Ruby のもくもく勉強会をするのか弊社のサービス、note、cakes、note pro はいずれも Ruby を使って開発されています。つまり普段から Ruby には大変お世話になっているわけですが、いかんせん Ruby のコミュニティへの貢献はこれからといった状況です。

スキ
13