マガジンのカバー画像

noteエンジニアのEM マガジン

14
note社エンジニアのEMに関わるnoteをまとめた公式マガジンです。公式サイトはこちら→https://engineerteam.note.jp/
運営しているクリエイター

記事一覧

スキルマップから見るEMの多様性

 スキルマップというものをご存知でしょうか。「スキ・キライ」の軸と「とくい・にがて」の軸…

Taku Unno
5か月前
23

組織拡大によるコミュニケーションロスにどう立ち向かう?組織改編とチームAPIの導入…

プロダクトに関わる人数が増え、組織が急拡大していくと、コミュニケーションロスが増えていき…

note経済圏を技術で支える。テックリードを募集します

noteでエンジニアリングマネージャーをしている海野です。 今回は、noteで新しく募集をするこ…

Taku Unno
1年前
11

「エンジニアリングマネージャーのしごと」読書会を実施しました

noteでEMをしている海野です。 昨秋出版されました「エンジニアリングマネージャーのしごと」…

Taku Unno
1年前
18

コミュニケーションに役割と社歴は関係ない - 40人との1on1を「よもやま」してわかっ…

「チームメンバーとのコミュニケーションは難しい」と考えている人は多いでしょう。 特にフル…

もしエンジニアのあなたが採用業務を任されたら

前職からエンジニアリング・マネージャー(EM)を名乗り始め、かれこれ5年程経ちました。EMとし…

Taku Unno
1年前
46

EM歴1年でやってよかった取り組みNo.1「よもやま行脚」の紹介

こんにちは。noteでエンジニアリングマネージャー(EM)をしている福井です。 EM専任になってからちょうど1年くらいになりますが、この1年でやって良かった取り組みってなんだろうなと振り返ったときに圧倒的に自信を持ってコレだと言える「よもやま行脚」を紹介します。 1. よもやま行脚とは決まったアジェンダは無し、業務に関する話で無くてもOKのていで、一対一の対話を全エンジニアと月次で実施します。ん?それ1on1と何が違うの?と思った方もいらっしゃると思いますが、一般的には1

有料
100

新天地におけるEMとしての再現性と成果

本記事はEngineering Manager Advent Calendar 2022 の16日目です。EMアドカレに参加するのは2…

Taku Unno
1年前
30

noteの事業を加速させるために年間12万のテック補助をつくりました

本日、note社の福利厚生の新パッケージを発表しました このパッケージの中でテックチャレンジ…

こんぴゅ
1年前
171

Ruby / Railsとの出会いとこれまでと、そしてこれから

note社でエンジニアの発信強化していくぞ!という機運が高まっており、第一弾としてEMの私が書…

福井 烈
1年前
71

仕事をする上で大事にしている行動指針

先日同僚と1on1をしている中で、 「人も増えてきたし、全社のバリューとは別にエンジニア組織…

福井 烈
2年前
45

2021年の振り返りと2022年の抱負

1. 2021年の振り返り1-1. 年始に立てた目標に対して 年始にマネジメントスキルを強化していき…

福井 烈
2年前
49

note社一人目の新米EMの役割と一ヶ月の軌跡

みなさん、こんにちは。 note社で2021年6月からEM(エンジニアリングマネージャー)を兼務して…

福井 烈
2年前
61

2021年はマネジメントスキルの強化に全振りすることに決めた

社のみなさんに触発されて今更ですが、、、書き初めをば。 さて、タイトルの通り今年は 「マネジメントスキルの強化に全振り」 することに決めました。 (気持ちは全振りですが実質8割くらいだとは思います) その背景は約一年間チームのリーダーを担当し、ここ3ヶ月ほどで大きく思考の変化があったからです。 リーダーとなった当初リーダーというロールは自分には縁のない程遠い存在であると思っていました。荷が重いという気持ちと、何よりマネジメント経験のなかった私はマネジメント = 管理とい