マガジンのカバー画像

技術

92
noteエンジニアの技術に関する記事を集めたマガジンです。
運営しているクリエイター

記事一覧

仮説検証によって不確実性を倒す。成功と失敗の事例紹介

PMの小沼です。 新卒でReproに入社して研究開発チームに携わり、2021年9月にPMとしてnoteに入…

エンジニアが3年の執筆を終えてわかった出版の苦労とクリエイターの視点

発信やアウトプットを続ける中で、「本の出版」は一つのゴールでもあります。エンジニアやクリ…

note / hey / ANDPADが抱えるデザインシステム導入の知見と課題 - 『デザインシステム…

サービスの成長と比例するように、プロダクトのデザインやUXの一貫性が保たれなくなっていくこ…

ユーザーテスト前に自分がテストする、認知的ウォークスルーのすすめ

こんにちは、noteでUXリサーチャーをしている仙田です。 ユーザーテストを実施する前に、自分…

仙田 真郷
3か月前

note社の全員野球で品質向上活動について #ios_test_tea_time

元々は昨年の11月〜12月ぐらいに実施予定だったのですが、延期になり今日開催されることになり…

「noteらしさ」をカタチに!noteイラストシステム構築の裏側

こんにちは!noteでイラストレーターをしているKimです。 普段はイラストシステムの開発をメ…

taeyeon.kim
3か月前

noteエンジニア開発リリースノート (2022年1月&2月)

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。」というミッションを達成するために、noteでは日々新しい機能がリリースされています。 noteに入社したエンジニアの中には、「リリースサイクルが早い」「施策を決めてから開発するまでのスピード感が前社とまったく違う」といった印象を持つ方もいるほどです。 しかし、そういった内部のリリースサイクルや開発の空気感は、noteに入社して初めて実感できるものであり、外部には伝わりにくい閉鎖的な状態だと感じている面もありました。 また、

スキ
16

マイクロコミットのススメ - プロダクト開発編

まえがき今回は前回書いたマイクロコミットのススメ - 開発編 に続き もう少し大きな話をして…

gendosu
4か月前

M1 MacでSimulatorのビルドにハマった

ようやく会社の開発端末がM1系Macに変わったので環境構築をしていました。CocoaPodsのインスト…

Rが生産性を高める「はじめに」全文公開

atusyさん、hanaoriさんとの共著、Rが生産性を高める〜データ分析ワークフロー効率化の実践 が…

igjit
5か月前

時間を管理できるオープンソースなアプリ「Hackaru」を作りました。その経緯と実装に…

こんにちは。@ktmoukといいます。時間を管理するアプリ「Hackaru(測る)」を一人で開発していま…

ktmouk
3年前

Xcodeのコードカバレッジを定期的に知りたい

現在社内で有志が集まって品質を向上する活動をしているのですが、その中で「カバレッジを定期…

Kubernetes Custom Controllerの所感と使いどころ

こんにちは、varu3です。年の瀬なので久しぶりに技術ポエムです。  11月に行われた、CloudNa…

noteのエンジニアチームが2022年に向けて挑戦する、重要課題9選

noteは、クリエイターの創作を後押しし、クリエイターが豊かになる世界を目指しています。noteが構想している街を実現するためには、開発すべき機能や立ち向かう課題が山ほどあります。現状では、私たちが考える理想の10%も達成できていない状況です。 noteのミッションである「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」を実現するためにも、創作がしやすい機能を提供し、作品が適切な読者に届く仕組みを構築していく予定です。そのために、機械学習や大量のデータをグロースに活かす基盤、価

スキ
113