note engineers’ notes

143

今週の開発がんばりを自動レポートする

みなさん、課題をいっぱい見つけていっぱい解決してますか? そういうのってちょっと褒められたくないですか? 私は褒められたいです。 他のチームもそういうので褒められるきっかけになるといいなと思ってます。 という動機づけで ・毎週金曜に issue を集計して ・グラフ化して ・Slack で定時投稿してくれる という Zapier を作りました。 Zapier にグラフ作成してくれるサービスあるかなーと雑に探してみたんですが見つからず。 そこで、無料でグラフ作成でき

スキ
99

iOSDC Japan 2020 で登壇してきました

Zapier を使った note の iOS 開発の自動化についてお話させていただきました。 スライドはこちら。 この登壇後、本も購入された方がいて嬉しい限りです。 ありがとうございます 🙏 初の iOSDC 参加かつ初オンラインカンファレンスでドキドキしましたがたのしかったです。 登壇時間は Discord の Voice Channel に参加してちょっと補足したりその場でいただいた質問に回答させていただきました。 いただいた質問 - App Distributio

スキ
42

Slackで新しく作成されたチャンネルを自動で共有するワークフローの紹介(Zapier)

この記事は Zapier Advent Calendar 2019 の 18日目の記事です。 新しく作成されたSlackのチャンネルから社内の動きを把握するSlackって日々色んなチャンネルが作られていると思います 私が働くピースオブケイクでも、新しいプロジェクトのチャンネル、チームのチャンネル、部活動のチャンネル、個人用のチャンネル、さまざまなチャンネルが毎日作られています 新しく作成されたSlackのチャンネルは、ある意味社内の動きを表しています それなら、🤔o0(新

スキ
9

Slackでリアクションをつけた人を、Googleカレンダーの予定に自動で招待するワークフローの紹介(Zapier)

この記事は Zapier Advent Calendar 2019 の 15日目の記事です。 不特定多数が参加する予定をGoogleカレンダーで作ると、予定に招待するのマジ大変ですよね...招待する人が決まっていて、2、3人くらいならいいんですが、それ以上だと一々招待するのが大変ですよ さらに、「参加したい人は誰でも参加OK!」みたいな予定の場合、招待する人が不特定多数になり、「参加したい!」的な反応が来たら都度招待する感じになると思います その反応が来るタイミングもバラバ

スキ
109